動脈硬化は和食中心の食事療法で改善できる

Posted in 健康 on by .

外食やコンビニ弁当が多い人は塩分や糖質、カロリーの取り過ぎで高血糖や高血圧が進行して血管の老化現象である動脈硬化になってしまっている可能性があります。

そういった場合は普段の食事で摂り過ぎてしまいがちな糖質をメタバリアスリムやサラシア100などの健康サプリメントで必要以上に吸収されてしまうのをブロックしましょう。

メタバリアスリムやサラシア100に含まれる天然成分には糖の分解を抑える働きがあるので、食事に含まれる糖質のの吸収を抑える効果があります。

それによって食後の血糖値の上昇が抑えられるので、動脈硬化の予防にもつながります。

また和食も多品目多品種の食材を自然に食べられるので、塩分の取り過ぎや糖質の摂り過ぎを自然に抑えることが出来ます。

高コレステロールの食事は血中の中性脂肪やLDLコレステロールの量を増やすので、血管の壁に酸化した脂質が蓄積して固まりを作りやすく動脈硬化のリスクが高まります。

血管の壁に脂質の固まりの瘤ができると何らかのきっかけでその瘤が血管の壁から剥がれてしまい色んな所で詰まる危険性があります。

たとえば心臓の冠動脈で詰まれば心筋梗塞になりますし、脳の血管で詰まってしまうと脳梗塞という深刻な病気を招きます。

高血圧の患者は日本全国で推定4000万人いるとされているのでもはや日本人の3人に1人は症状の差はあれど血圧に異常があるということになります。

今後もこの数は減ることはなく増えていくことは確実なのでますます医療費が膨れ上がり日本の財政に大きな負担としてのしかかっています。

国民一人一人が自分の健康について意識を高めるようにしていかないと自分達に結局は跳ね返ってくるので日頃の不健康な生活習慣は少しずつ見直していくことが大切です。

自分の血圧や血糖値などの基本的な健康診断の数値は把握しておくことが大切です。