キャッシングの金利は通常の銀行融資よりかなり高い

Posted in 金融 and tagged on by .

キャッシングの申込みをする時に大事なこととして、金利を確認しておくことがあります。キャッシングの金利はだいたい15%くらいが一般的であり、通常の銀行の融資よりもかなり高くなっています。
消費者金融会社のキャッシングは、銀行のローンよりも金利高めですが、それは、銀行と、消費者金融会社の融資の仕方の違いです。銀行の融資は借り入れの申込みをした人の資産状況をしっかり審査してから、貸し出しをするかどうか判断します。住居の購入なり、教育資金なり、借りたお金を何に充当するかがはっきりしていることも、銀行融資の特徴です。制約を定めた上で融資を行っているために、返済不能リスクが起きにくい状況になっているのが銀行融資の特性です。逆に、審査のハードルが低くお金を借りやすいことや、借りたお金を何に使ってもいいものが、キャッシングサービスです。消費者金融会社は、貸し倒れリスクが高くなっている特徴があるので、金利を高くすることによってリスクを低減しようとしているのです。この頃は、低い金利で融資を行うキャッシング会社も多くなっています。他社との競争に勝ち、顧客を確保するためです。銀行もキャッシングに参入してきていますが、銀行のカードローンもたくさん借りる人には金利を低くしていて、消費者金融と差別化を図っています。金融会社からお金を借りる場合、早さを重視したいこともありますが、消費者金融会社から借りていると、銀行から借りるより利息が多くなりがちです。もしも、キャッシング会社から融資を受けた場合は、可能な限り前倒しで返済をすることが、利息を切り詰めたいという時には有効です。