チークを使って肌のコンプレックスを隠しながら顔色も明るく

Posted in 美容 on by .

私頬の肌の悩みは頬の毛穴とシミです。毛穴は10代からずっと悩まされていて、シミは30代を迎えた頃から気になり始めました。

ファンデーションを使って毛穴とシミを完全に隠そうとすると、厚塗りになって老けた印象になるので私はファンデーションで隠すことはせず、チークを使って隠すのではなく、目立たなくすることを心掛けて日々メイクを行っています。使うチークは練り状のクリームのものと、パウダータイプのものの二段使い。クリームチークをシミと毛穴の気になる頬の位置に指で軽くのせて、大き目のチークブラシでパウダーチークをのせながらなじませていきます。この時毛穴やシミを完全にカバーしようとしないこと。あくまでも目立たなくさせることが目的です。肌が明るくツヤっぽくなると、光の加減で毛穴やシミがあまり目立たなくなります。チークにパールやラメなどのキラキラしたものが含まれているものを使うとより一層ツヤやかに仕上がります。私は小麦色の肌なので、オレンジ系~ブラウン系のチークが肌にマッチします。夏場は頬の高めの位置と鼻の高い部分にもサッとチークをつけて日焼け風チークを楽しんでいます。私の場合チークをするのとしないのでは顔の印象、明るさがまるで変わってくるのでチークは絶対外しません。リップと色をシンクロさせて使うのもポイントです。チークは苦手という人も、自分に似合う色のチークを見つけてつけてみれば印象がぐっと変わるはずです。パルクレール美容液の通販でニキビ跡を治す