多汗症について

Posted in 生活 on by .

多汗症と一口にいっても、汗をかく部位や多量の汗が出る原因は異なります。
つまり、同じ多汗症という診断を受けても、症状や治療方法は人それぞれなのです。

例えば、大勢の人の前に出て緊張している時や失敗してはいけないと不安を覚えた時などに、多量の汗をかくなどの精神的ストレスが原因で出る場合もあります。
しかし、リラックス時でも多量の汗をかいたり、起床後にすぐ汗をかき始めるといったケースもあります。
ただ、上記のように、多汗症は精神的ストレスが原因で発症するといった病気ではないので、本当に多汗症であるのかと自分自身で理解することが大切です。

ここでは、精神的要因によって起こる多汗症についてお話します。
精神的な問題により恐怖を覚えて発汗することから、別名「発汗恐怖症」とも呼ばれています。
ストレスや緊張など不安だなと感じると、交感神経が優位になって汗腺の働きを活発にして発汗するため、交感神経が敏感な人ほど、多汗症になりやすいといわれています。
しかし、なぜ、交感神経が敏感になるのかは解明されておりません。
逆に精神的な問題を抱えている人の全てが、多汗症になるというわけでもないのです。

クリアネオの使い方を知って、効果を試してみて!